忍者ブログ
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


2019/10/15 06:44 |
愛と平和を夢見た生易しい時代は終わる 行く当てのない未来は怪物と手を結ぶしかない

昨日は暢気にラクーアで買い物してたらOAが半分終わってました。
おおう。
ラスト2曲がわりと好きな感じだったのでSCREWのイメージがちょっと変わった。
なんかもっとツタツタして叫んでるだけなイメージだったので今後に期待。
若いバンドはとても華やかなので眩しかったです。

 

■LM.C
すごい面白かった。
アホ声で可愛い子ぶったキャラなのかと思ったら普通に暴言まみれ。
いいぞまぁや、そういうの好きだまぁや。


「今日はみんな誰を見に来たの?」
「LMC~」
「ふーん……騙されるかー!」
客の発言ぶった斬り。

いちいちネタのチョイスが古臭いので年齢がバレますまぁやさん。
意外と若くないのがバレますLM.C。
「知らない人は適当にフッフーって言ってればいいんで」とか、多分ムッカーはああ言うノリ好きだと思う。
ロック!ロック!ザエルエムシー!が楽しかった。
ああいう知らない人も巻き込ませるようなライブが出来るのは強みだなぁと。
サイコみたいなノリはバンギャ好きだよねー。
そんでアイジがね!
アイジを初めてカッコイイと思ってしまったけど喋らなければ相変わらずのイケでした。
アイジは見事な逆三角形な体型をしていて10年ぶりに見たけどよろしい感じです。
あとギターが上手くなってた!
アイジなのに!
アイジなのにギターソロちゃんと弾けてた!
すげぇ。
曲とか演奏の仕方とか「アイジだなぁ変わってないなぁ」と、妙にしみじみした気分で
ライブを眺めてしまいましたが案の定踊ったり跳ねたりしすぎて疲れました。

 

■AliceNine
アリス九號.がいつの間にかAliceNineになっていたでござる。
漢字表記のが良かったなぁ。
歌とか演奏とかは置いておくとして、変なヒューミリやってた。
ヒューミリだ!
ヒューミリだ!
変なフォーメーションでメンバーコールだ!

 

■ムック

(゚ё゚.) <ムック初めての人ー
(パラパラと手が上がる)
(゚ё゚.) <……嬉しいですね、ゼロです

(゚ё゚.) <今日はSCREWが一番おいしいんだよ
(゚ё゚.) <こういうイベントっつーのは自分たちを知らない人に見てもらってなんぼだから
(ここで感心する観客)
(゚ё゚.) <で、あと俺に出来ることと言ったら…

 

 

(゚ё゚.) <俺に出来る事と言ったらSCREWの印象を全力で叩き潰すことです。
(゚ё゚.) <SCREWの印象を消し去ってやろう!消し去りたい!ムック色に染め上げたい!
(゚ё゚.) <SCREWだけじゃなくて今日出たバンドの印象全部ムックで消したい!

 

今年、三十路、いつも通り酷い。


そしてそんな酷い煽りに爆笑しながら歓声をあげるムッカーも酷い。

随分前の武道館でも似たような事言ってたけど今度は潰す側に回ったとは成長したな。
セトリ?
ああ、うん、別にいつも通り。
フライトより謡声のが暴れやすくて好きです。
ファズ→オズの繋ぎは飽きてきたので次回から別の曲がいいなぁ。
同じ曲ばっかだと流石に飽きる。
リーダーの二の腕がなんかもう超逞しいというか何と言うか表現しにくい事になってたのは置いておくとして
声も普通に出ていて煽りもMCも相変わらず適当でとてもいいと思いました。
イベントはムック強いなぁ。
流星始まりは珍しい。
リブラ終わりは綺麗にしまってよいと思います。
謡声→名も無きのコンボで酷い息切れを起こしてツアー始まる前に体力付けようと心に誓いました。

■PlasticTree
腰痛悪化。
柵にもたれかかってぼんやり曲を聴いてみたけど春咲きセンチメンタルしか知らなかったでござる。
リセットくらいはくると思ったのに……!
三年くらい前の年越し以来のプラは恐ろしいほどの安定感でのんびりだらだら唄って帰っていきました。
あとプラは見るたびにドラムが変わっ

 



 

 


SHOCKWAVEでムックを見たのが随分前な気がしてチケットとか探してたら
2002年で既にstylish waveになってたので深く考えない事にしました。
あれって2002年だったのか。

 

あとライブのお土産にジュースと生理用品とステッカーもらった。
どういうことだ。
elisのMegamiが2つ。
あとなんか自分で買ったら高そうなティッシュ。

 


FF1はわりとあっさりクリアし、薄桜鬼を足かけ三年かかってクリアし、随想録も無事フルコンプ。
ちゃとたんが予想以上にコルダにはまって色々熱い語りを聴かせてくれたのと、
ヒナが戦国BASARAへの熱い思いと実際にプレイして見せてくれた事により
ゲーム熱がジワジワしてきたので新しいゲームを買いました。


ドラッグオンドラグーン。


前に拍手でお勧めされててずっと気になってたのでいざ購入。
事前に知っていた事は鬱エンドがあることだけです。
てっきりバハラグみたいなものか通常のRPGだと思ったらまさかのアクションゲーム。
スクエニの無駄に広大な3Dマップに目が回ってもう何がなにやら。
そりゃ私も滅多に開かない説明書開くよね!
ドラゴン空中戦で目が回って仕方ないので寝ます。
明日?
え、うん、普通に仕事。
 ドラッグオンドラグーンをクリアできる自信がありません。

PR

2010/05/01 00:08 | V系雑記
ムックについて


 

ムックってなんですか、と興味を持っていただいて嬉しくてヒャッホウってなったんですが
ムックは非常に人にお勧めしにくいバンドでどう勧めようか頭を抱えました。


・12年以上活動しているため音源が無駄に多い
・アルバムに寄って曲調が違うので好き嫌いが別れる
・一応ビジュアル系というカテゴリだけど見た目が大概恐ろしい


という点から個人的に好きなアルバムがあっても気に入って貰えるかわからないという状況なのです。
某所でも推奨されてる方法としては
「ベストオブムック」と「ワーストオブムック」を聴く
→ 気に入った曲が入っているアルバムをレンタルしてみる
というのがよろしいのではないかと思います。
あと「カップリングベスト」と「カップリングワースト」は気が向いたら聞く感じでいいと思います。
私は「志恩」と「朽木の灯」が好きです。


基本的にムックは日本三大中二病バンドと言われた時期があるくらい薄暗かったりする曲が多いのですが
最近は歳を取ったせいかようやく中二病が完治したのか明るい曲が増えてきました。
私はどっちも好きです。
暗い曲にしても外的要因と内的要因どちらもあるのでお好きな方をチョイスできてお得です。
多分ムックって前知識なしに聴くと本当わけわかんないバンドだと思うんですよね。
「みんな上辺だけの前向きをありがとう 簡単に悲しいふりをして笑ってるお前等が死ぬほど嫌いです」
「悲しみも喜びも さぁ、溢れる位詰め込んで この世界も宇宙も飲み込む位に僕等は笑える」
両方ともムックです。
本当アルバム出すたびに色々変わるのでファンの入れ代わりも微妙に激しかったりするんですが
そこら辺は別にどうでもいい話題なのでスルーですスルー。
カバーアルバムとかもあるのでそっち聴くのも面白いかなあと思うんですけど
一般発売なかったので唯一音源になってる「およげ!たいやきくん」目当てに
「葬ラ謳」に手を出して見るのもいいかと思います。

あとビジュアル系なのにボーカルがブサイクというとても斬新なバンドです。
顔以外だったら本当アジアンビューティーなんですけど。
ビジュアル系というカテゴリに含まれてはいつつもビジュアル系からは微妙に浮き、
かといってロックバンドと言うにも微妙に浮いているどうにもならない感じのバンドです。


そんで一応ムックの所属事務所がYouTubeに公式チャンネルを持っていて
PVを配信しておりますのでそこから視聴して見るのも手段の一つかと思います。ttp://www.youtube.com/user/DangerCrueRecords
「我、在ルベキ場所」のPVが大好きです。
もう本当大好き。
背景から池袋駅からアニメイトへ向かう道を逆方向に歩いていくのがわかるんですが
あの化け物メイクでPVを撮影していたのかと思うとドキドキが止まりません。

 


あと好きな曲というわけでなく「ベスト:ムック導入編」「ワースト:夢烏向け、一般向けはしない」というくくりで、
好きな曲だけで決めるんじゃなくて人に勧める時に何を聞かせるのかを結構真剣に考えて
自分なりのベスト/ワーストを15曲前後に選んだらこんな感じになりました。

 

■ベストオブムック
謡声
ガーベラ
流星
雨のオーケストラ
チェインリング
九日
シヴァ
最終列車(Acoustic Ver)
儚くとも
燈映
昔子供だった人たちへ
空忘れ
前へ
溺れる魚
リブラ


■ワーストオブムック
イタイ手紙
梟の揺り篭
咆哮
空と糸
絶望
遺書
蘭鋳
友達が死んだ日
暁闇
水槽
家路(再構築ver)
君に幸あれ
娼婦
盲目であるが故の疎外感
朽木の塔

 

これで。
私なりのベスト/ワーストです。
「前へ」にするか「フリージア」にするか結構迷ったんですが「前へ」で。
あと水槽は葬ラ謳verじゃなくてシングルでリリースされたほうで!


2010/04/01 01:00 | V系雑記
レポアップすんの忘れてた


鹿鳴館30周年おめでとうビジュアル系祭/JCBホール (3/19)



■メリー
以前レモホで見た以来のメリー。
レモホなのかシーモンなのか渋公なのか未だによくわかりません。
テツさんが本当にね!
本当ビジュアル系のバンドマン的カッコよさ満載でどうしようかと思いました。
細身で高身長(187cm62kg)+ウェーブ気味のロンゲ(視界不良)+スーツ+スカーフで
信じられないくらいカッコよくてガラの奇行が気になってもテツさんガン見。
本当ね!
背が高くて細くてカッコいいバンドマンを久々に見ました。
え?逹瑯?
いや、アレは、うん。
アレはなんていうか逹瑯って言う生き物だから。
テツさんは男前でございました。


本日のガラさん

・「見てみろよ…ガラさんがスピーカーをレイプしてやがるぜ…!」
・ウサギのマスクをかぶって阿波踊り
・ウサギのまま演説
・ウサギで熱唱
・ウサギの口にマスク突っ込む
・ウサギで阿波踊り
・学校の机で三点倒立
・マイクスタンドにドロップキック(ミス)
・マイクスタンドにドロップキック(成功)


ガラさん超いつも通り。
むしろ墨汁飲んだりズボンの中に手を突っ込んでモゾモゾしたりしてないだけ前見たときより普通。


セトリはアレですよ、ジャパモダとバイハレしか知りませんでした。
愛国行進曲やるかなぁと思ったんだけどやんなかったね。



■Versailles
脇毛がない。
衣装すげぇ。
上条さんのマントの内側が赤いので牛が突撃し放題。
スペインいけないよ上条さん。
あんなん纏ってたら絶対暴れ牛に遭遇した時に標的にされる。
「暴れ牛が出たぞー!」っていう農民の声を聞き漏らさず生きて行かないといけません。
頑張れ、頑張れ上条。
というかボンジュール、ハニィィィィー!はここでもやってんのか上条。
上条さんは昔LALIENEというバンドで「現代に舞い降りた花の化身」をコンセプトに活動していました。
上条さんは
初めて見た時も同じように「ボンジュール、ハニー。僕達ラッレェヘーヌでーす」言っていたのでまだ言ってんのかよ!とびびったわけです。
だって99年とかだよ、確か最初に見たの。
んでメンバー毎に花が決まってたりするわけですが
こうやってコンセプトだなんだのを喋ってると何故か猛烈に恥ずかしくなってくるんで勘弁してください。
アレと同じ。
テニスを知らないオタ友達に才気煥発について説明を求められ、
無我の境地について最初から説明をしなければならなかったときと同じ気持ち。



■Phantasmagoria
本日の目当て。
きっとムッカーはこのノリ好きだと思うよ、と初孫の友達に説明したら案の定好きだった。
数年ぶりの孫はやっぱり楽しくて今猛烈に右腕が痛い。
咲きすぎたのと神に祈りを捧げすぎた。
普段ムックで使う筋肉とは別の部分を酷使したので非常に体がピシピシします。
でも「新境地を作り上げようかー!」とか「全員で戯れていこうかー!」とか言われて暴れないわけがない。
戮はなんだかんだで煽り方は上手いと思うのです。
妃大好きすぎてアレだけど。
やっぱりイベントだったからワンマンとかの好きすぎて他が見えない状況にはなってませんでしたが。
妃はもう四捨五入したら四十路なのに腹と太腿丸出しでも見苦しくないのが凄いと思うよ。
そりゃキー様とか歯様とか呼ばれるわ。


 

■ムック
突如の「アカ」始まり。
ミヤくんは毎回ギターソロをとちるのでもしかしたらミヤくんはああいうフレーズが
アカのギターソロで正しいと思っているんじゃないかと真剣に考えてしまう次第です。
久しぶりの曲って言われたからてっきり「狂った果実(笑)」辺りが来るかと思ったら「オルゴォル」だったでござる。
ならばオルゴォルの煽りループくるかと思ったら全然そんなことなかったでござる。

逹瑯が相変わらず胡散臭いインドの詐欺占い師みたいな事になってたのでどうしてくれようと思ったけど
ターバンでさりげなくオデコの面積を誤魔化していた事に気付いて何も言えなくなりました。
ドンマイ、逹瑯。
騒ぐ曲をメインに持ってきたのかも知れないけど会場を巻き込むのは
逹瑯は上手いよなぁと思い切り贔屓目満載な事を考えながら飛び跳ねてました。
やっぱりムックはハコの後方で暴れてた方が全然楽しいです。
最前でじっくりまったり逹瑯の身体をガン見するのも楽しいんですけどー。
たまにマイクじゃない生声が聞こえてくるのがね!本当ね!あれがあるのが最前のいいところです。
別にムック近くで見たって面白いわけじゃないじゃない。

あとSATOちがほっそりしてて更にイケになってました。
 


2010/04/01 00:12 | V系雑記
公式にアップされてた

※音声注意
  ポップアップが開いて普通に音声が流れるので注意してください。

http://www.55-69.com/


ムック公式に好き勝手にも程がある2010年ムック活動予定告知映像がアップされておりました。
いつもムックはツアーファイナル等でこういう映像を作成して今後の活動予定をお知らせしてくれるんですが。
ツッコミどころ満載の告知映像を是非見ていただきたいです。

今回は半分くらいから始まるツアー告知が見所です。

お知らせする気が見事に存在しねぇー!!



会場ではこれが流れて客電が点いたんだぜ…。
見事な投げっぱなしジャーマン。
その後ちゃんと朱ゥノ吐からメールきたけどさ。

本当ね、ずっとこうだから。
ムックずっとこうだから。
良く考えたら7、8年こうだから。
好きです。
HP更新担当の夢狂さん頑張れ超頑張れ。

よし、寝る。
もう本当明日は10時間くらい寝たい。
多分普通に起きる気がするけど。
連休中に頑張りたいです。
色々。

2010/02/15 02:48 | V系雑記
ムックNHKホール
うろ覚え順不同のセトリ

咆哮
極彩
サル
梟の揺り篭
アゲハ
娼婦
オズ
空忘れ
リブラ
ファズ
1R
楽園
ジオラマ
名も無き夢
謡声
蘭鋳
追憶のマーメイド
フリージア
雨のオーケストラ
大嫌い

・真っ白なステージ
・夢狂の衣装も真っ白
・田中相変わらず潤顔
・ムック登場
・スーツやシルクハット着用でムッカー大喜び


・じゃーん偽物でしたー


3匹のヤギとガラガラドンみたいな格好をした逹瑯が普通に登場
・いつもながらに不細工な逹瑯で安心する私
・ガラガラドンが通じるかどうかは気付かないふり
・でもヴィジュアル系の人がいるー!
・大変、ステージにヴィジュアル系の人がいる!
・主に上手と下手の人がナイトメアに衣装貸してもらったみたいな格好になってるー!
・輸血先生が美形に見える
・あ…あれ?輸血なのに…
・それに引き替え逹瑯が進化し損ねた類人猿にしか見えない
・妙に歌の上手い類人猿
・眼鏡外したら更に進化の途中みたいなことに

・でもここ数年のホールライブでは一番喉の調子が良くて、
 以前のツアーでボロカスだった曲が素敵になっていた
・サル!
・サル!
・イントロで挙動不審になったけど気にしない
・よりにもよって私が鵬翼で一番好きなサル!
・しかも歌詞が!
・スクリーンに久々に歌詞が映ったと思ったらエヴァのタイトル風明朝体で崩れ落ちる私
・こんな感じ
saru-eva.gif


・乏しい記憶でやっつけに作った画像なので実際の仕様とは異なります
・バカ、好きだよ、大好きだよ! 
・エヴァもサルも大好きだよ!
・こんなんがスクリーンに巨大表示されたら変なテンションになるわ

・明朝体が出た瞬間、隣の友達に「あ、深空(仮)崩れるな」と思われたらしい
・実際崩れ落ちたしな
・野音の時もパーカーを着た逹瑯のシルエットがカッコ良くて崩れ落ちた淡い思い出
・空忘れのイントロが流れた瞬間、会場内に上がる歓声
・そーらわっすれ!そーらわっすれ!
・ありがとうございますありがとうございますありがとうございますありがとうございます!
・やはり「二月の日曜日」だからか、そうなのか
・「色付く街並みが 冬が終わること告げた」の歌い方が好きです
・優しい声でヒドい歌詞を歌うのも好きですが、普通のラブソング(破局済)を唄われるのも好きです
・サルと1Rと空忘れで「今日のチケ代2万でもいいや」と満足したらリブラで「なん…だと…?」という気持ちにさせられた
・たつろうはなかまを読んだ!たつろうAがあらわれた、たつろうBがあらわれた、たつろうCがあらわれた、たつろうDがあらわれた、たつろうEがあらわれた、たつろうFがあらわれた、たつろうGがあらわれた、たつろうHがあらわれた、たつろうIがあらわれた、たつろうJがあらわれた、たつろうKがあらわれた、たつろうLがあらわれた、たつろうMがあらわれた、たつろうNがあらわれた、たつろうOがあらわれた、たつろうPがあらわれた、たつろうQがあらわれた、たつろうRがあらわれた、たつろうSがあらわれた、たつろうTがあらわれた、たつろうUがあらわれた、たつろうVがあらわれた、たつろうWがあらわれた、たつろうXがあらわれた、たつろうXがあらわれた、たつろうZがあらわれた!
・むっかーはこんらんしている!

・絶対伝わらないけどリブラ、こんな感じ
・せっかく喉の調子が良かったんだから普通のリブラが聞きたかったなぁ
・「いつの日か死にゆく僕は君に何が出来るだろう」の歌い方がたまらなく好きです
・1Rも好きです
・最終列車と対になってるあたりずるい
・久々に聞く曲にテンションが上がりすぎてやはり暴れ倒す私
・隣の人たちもモッシュしまくってたのでホールなのに何故か席順が豪快に入れ替わる始末
・オズの出だしのワンフレーズを豪快に飛ばす逹瑯
・いっそ清々しい
・後ろの人が暴れすぎてパンチ食らったけど超謝り倒された
・暴れた後はナチュラルに謝罪大会になるムッカーが好きです
・ファズで曲中ずっと片手を上げ飛び跳ねながら「ウォウォウウォウー」と要所要所で叫び続けるのは大分辛い ・やるけど

・もう一回チェインリング聞きたいけど無理だった
・アンコールで逹瑯がTシャツとアラジンパンツになったのにも関わらず体のラインが綺麗
・つーかくびれてた
・何あいつ
・後ろ姿が美形過ぎる

・そして毎回恒例のスクリーンでの活動発表
・凄い適当

・逹瑯は正直歌の上手いボーカルだと胸を張っていえないけど曲の世界観を表現する力がある(と私は信じ込んでる)のでライブでの雰囲気が良ければ細かいことはどうでも良くなるのです
・結局は良い曲と良いライブさえあれば喜んで財布開いてしまうんです
・楽しかった
・本当楽しかった
・こういうアルバム関係ないごった煮的ライブが楽しくて好きです
・楽しかった
・今回のツアーも高知に行く気満々で日程も良かったんだけど大河のせいで東京⇔高知の旅費が明らかに高くなるので行けなさそげ
・またウツボ食べたかったなぁ…
・ライブ後に「高知行きたかったね」とラーメン啜りながら友達としょんぼりしてました
・下手したら今回遠征なしかもしれない

2010/02/15 00:54 | V系雑記

| HOME | 次のページ>>
忍者ブログ[PR]